×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フットサルのポジション

サッカーでのポジションはゴールキーパー、ディフェンダー、ミッドフィルダー、フォワードなどといったポジション名を使いますが、フットサルではピヴォ、アラ、フィクソ、ゴレイロなどといったフットサル独自の呼び方でそれぞれのポジション名があります。
  そしてそのポジションによって求められる能力などがあります。簡単にポジション名とその役割について解説させていただきますので、チームのポジション決めなどに参考にして下さい。

ポジション名一覧

PIVO(ピヴォ)

「フットサル(futsal)」はサッカーを表すスペイン語の「futbol」と室内を表すポルトガル語の「sala」から作られた造語です。

ALA(アラ)

中盤やサイドを受け持ち、攻撃のためのパスのつなぎなどを行ったり、PIVOからパスを受けてシュートをうつ。守備に攻撃にと豊富な体力とパスをしっかりとつなぐ技術、そしてシュート能力を必要とする

FIXO(フィクソ)

後方に位置して、主に守備を受け持つが攻撃時の最後尾の起点としてパス回しをする。失点を防ぐディフェンス能力とともにパスを確実につなぐ技術を必要とする

GOLEIRO(ゴレイロ)

サッカーのゴールキーパーのことで、唯一手を使うことのできるプレイヤーである。サッカーよりも至近距離でもシュートが多く、瞬発力と勇気を必要とする。また最後尾からチームに指示を出すリーダーシップも必要とする

 

埼玉県でフットサルコートをお探しと言う方は是非!フットサル大会など色々と開催しています。コートの人工芝は最高級人工芝を採用しています。

botom